toggle
岐阜県揖斐郡のデザイン設計事務所と、自社施工も行うアトリエ工務店。ONE STOP STYLE

断熱

断熱性能を高め、快適で省エネルギーな住まいを実現します。

高性能サッシと、高性能断熱材により、断熱性能を高めます。

アルミの良さと樹脂の良さを融合した「ハイブリッド窓」を採用。

アルミと樹脂のハイブリッド構造で、圧倒的な断熱性能を実現します。

Low-E複層ガラス     一般複層ガラス

熱の出入りを軽減するなら、ガラス選びもポイントです。

次世代エネルギー基準に適合してさまざまな環境に対応する「複層ガラス」。中でも、遮熱と断熱の機能を発揮する「Low-E 複層ガラス」なら、効果的に熱をコントロールできます。

遮熱型Low-E複層ガラスなら、夏の強い日差しはカットして、冬は暖かいまま。
特殊金属膜効果で、室内の明るさはそのままに、夏の強い日差しを約60%カットし、冷房効果を高めます。特に、住宅の西面におすすめです。

断熱型Low-E複層ガラスなら、冬の日差しを取り込みながら、室内の熱を逃しません。

暖房熱の最大の逃げ道は窓。複層ガラスの優れた断熱性能は、室内の熱を逃げにくくし、また窓面の冷え冷え感を減らして、快適な室内環境にします。断熱サッシと組み合わせてのご採用が一段と効果を高めます。特に、住宅の北面におすすめです。

高性能断熱材で家全体をすっぽり断熱。

細いガラス繊維を高い密度で絡み合わせたものです。繊維同士が作る細やかな空間にたくさんの空気を含ませることで、高い断熱性能を実現しました。ノン・ホルムアルデヒドで発がん性のリスクも認められておらず、安心です。

高性能グラスウールなら、他の断熱材と同等の断熱性能をより安価に、また同じ金額ならより高い断熱性能の住宅にすることも可能です。

可燃性の断熱材も多くありますが、ガラスを原材料としているので、燃えにくくて高温に強いという特徴を持っています。たとえ火災が起こったときでも、延焼や類焼の被害を最小限に抑えることができます。また、煙や有毒ガスが発生しないので二次災害を防ぐことができます。

住宅の断熱等性能等級は等級4『平成28年省エネ基準相当』を大きくクリアし、ZEH、HEAT20G1基準をも上回ります。

※ZEHとは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略。住まいの断熱性・省エネ性能を上げること、そして太陽光発電などでエネルギーを創ることにより、年間の一次消費エネルギー量(空調・給湯・照明・換気)の収支をプラスマイナス「ゼロ」にする住宅を指します。

※HEAT20とは、快適・健康性を考えて本当に必要な性能レベルを考えている指標です。G1グレードは平成28年省エネ規準レベルを100とすると25パーセントのエネルギーを削減し、冬季最低室温がおおむね10℃以上を保つ事が出来る水準です。G2グレードは40パーセントのエネルギーを削減し、冬季最低室温が13℃以上を保つ事が出来る水準です。目標UA値は、G1グレードがZEH基準、G2グレードがZEHの外皮強化基準です。

※UA値とは、住宅の内部から床、外壁、屋根(天井)や開口部などを通過して外部へ逃げる熱量を外皮全体で平均した値です。つまり、熱損失の合計を外皮面積で除した値で、値が小さいほど熱が逃げにくく、省エネルギー性能が高いことを示します。

※ηAC値とは、窓から直接侵入する日射による熱と、窓以外から日射の影響で熱伝導により侵入する熱を評価した、冷房期の指標です。単位日射強度当たりの日射により建物内部で取得する熱量を冷房期間で平均し、外皮面積の合計で除した値です。値が小さいほど住宅内に入る日射による熱量が少なく、冷房効果が高くなります。